オーストラリア Bさん

海外在住の家庭では子供への日本語教育は大変難しいです。娘は小学校に通い始め家庭での会話は英語中心になっていました。そんな時、園田先生と授業を始め徐々に日本語の発言が増え、今では私との会話はほぼ日本語でできます。授業後にその日に習ったことなどよく話してくれます。親としては子供と日本語で会話できるのはとても嬉しい事です。それもこれも、優しく朗らかで子供を飽きさせない楽しい授業を行ってくださる園田先生のお陰です。大変感謝しています。

ノースキャロライナ在住 Aさん 

長い間ご指導いただき、本当にありがとうございました。
いつも息子が興味を持つ話題を考えていただき、日本語レッスンを毎週楽しみにしていました。
私がうっかりレッスン時間を忘れていても、本人はしっかり覚えていて遊んでいても帰ってくる・・・という状況は何度もありました。授業後は必ず、内容を嬉しそうに話してくれました。自宅で授業を受けられるのは、便利で、ひとり親の私には大変助かりました。また、個別授業ですので、無理なく進めていただけるので、ここまで続けられたのだと思います。母親としては、子どもがアメリカ生まれでも、しっかりと日本語をならってくれることは嬉しいことでした。日本語の授業だけでなく、時事問題を”熱く語る”むすこの意見を忍耐強く聞いてくださったこと、心より感謝いたします。ありがとうございました。

フロリダ在住 Wさん

息子は、もうすぐ14歳になりますが、父親がアメリカ人でアメリカに生まれ、日本語がほとんど話せない中で、6歳の時に現地の補習校に入学しました。入学以来、週に一度の日本語補習校に通い教室に入っていましたが、小学2年生の時に、担任の先生から、「困りましたね~、厳しいですね~」と言われ、親として失格してしまったような、とても落ち込んだ悲しい気持ちになっていました。
それでも、少しでも可能性があるのなら、オンラインの授業をやってみようと、始めたのがきっかけで園田先生と出会いました。

補習校でも辛そうだったので、それに加えて、オンラインでみっちり1時間の授業はどうかな、、、とはじめ不安でしたが、園田先生との授業風景、そして、息子の授業後の様子や反応をみて、園田先生に出会えて本当に感謝しております。結果、補習校は小学4年の時に辞めることにしましたが、園田先生の授業は引き続き、毎週しっかり受けており、「教科書勉強」という印象よりは、その日によって、様々なトピックを織り込んでくださっています。ある日は、息子の興味のあるアニメのキャラクターの話、ひらがな、カタカナでしりとりクイズ、また、世界でおきたびっくり仰天のニュースを一緒にみて話したり、、、と、知らないうちに日本語だけの勉強でなく、私にも、授業後に「お母さん、〇〇知ってるか~?すごいんだぜ!」と教えてくれ、私も楽しんでおります。

正直、息子は、ノリのいい日ばかりではなく、時々、学校で疲れたか、とってもやる気がないような態度の時もあるのですが、そんな不機嫌(?)日でも、園田先生は、息子を温かく受け入れてくれ、息子のやる気や興味を優しく見出してくれます。そんな日は、先生に申し訳ない反面、感謝の気持ちでいっぱいです。

オンラインクラスを地道に続けて、かれこれ5ー6年程度たちますが、息子が日本の祖父、祖母とも会話ができるようになり、何より、日本が大好きで、自分が日本人である誇りをもってくれているのがわかります。きっと、現地の補習校でつまづいて、そこで、あきらめていたら、今のような状況にはなってなかったと確信できます。そんなきっかけを作って下さった園田先生に大感謝です!
これからもどうぞご指導の程宜しくお願いいたします。

カリフォルニア在住 Tさん

アメリカで生まれ育った12歳の娘はもうかれこれ3年半、園田先生に日本語を教えていただいています。ここにたどり着くまでには紆余曲折があり、日本語補習校を2カ月で登校拒否、その後に通った日本語の塾のようなところは毎週行くのをいやがり連れていくのが大変で私のストレスになっていました。園田先生とのレッスンを始めたときも、長続きしないのではないだろうか、いやいややるのではないかと、とても不安でした。

しかし、気づけば3年半。私の不安をよそに、先生とのレッスンを毎週楽しみにしています。いつも先生とのレッスンのあとは「楽しかった!」といって何をやったか教えてくれます。園田先生の優しい笑顔とお人柄もさることながら、娘のやる気を引き出すように工夫されたレッスンや、小さいことでも褒めてくださる姿勢が、日本語レッスンを楽しみながら続けていられる理由だと考えております。海外で日本語を維持するのは本当に大変なことですが、それができているのはすべて園田先生のおかげだと感謝しています。

ロサンジェルス在住 Wさん

11歳、8歳、5歳、の3人の子供を持つ者です。(アメリカ人とのミックス)

2015年からこれまで、我が家の子供達3人を園田先生にご指導していただいています。もとはといえば、3人目を出産したばかりで送迎も大変で、授業料も結構お高く、何かマンツーマンでオンライン授業をされているところがないか探したところに、園田先生との出会いがありました。

今では子供達3人とも園田先生にお任せしていて、先生が大好きで、先生の日本語クラスの日はとても嬉しそうにしています。園田は、ユニークなスタイルで子供達が何が好きか、どう授業をすれば楽しんで子供達が取り組むかをよくご存知で、我が家の子供達3人それぞれの性格や特徴を捉えて授業を進めて下さるので、親の私としては厚い信頼を置いて安心してお任せの出来る先生だな、とつくづく感じております。ここまで子供達の心を捉えれる先生も数少ないのでは無いかと思います。

3人とも週1なので、ペースはゆっくりではありますが、着実に身についているなと感じる点は多々あります。日付の言い方や、数え方(~枚、~本、~個、等。)など、基礎が着実に固まってきているように感じます。がちがちのお勉強!という方式ではなく、その子の素質や好み、子供たちが楽しんで快適に授業が進むようにとても工夫されておられるのがよくわかります。素晴らしい先生に出会えたことを感謝しています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ミシガン州在住 Kさん

幼稚園の年中から5年半にわたり私立の補習校で一生懸命頑張ってきましたが、帰国子女を中心に難しい教科書でどんどん進んでいくのと、授業では会話力が一切養われないこともあり、疎外感を募らせていた娘を見て、可哀そうになりました。継続は力なりとは言いますが苦痛な状態で継続しては害にしかならないと思い、他の方法で楽しく日本語が学べないかと模索していた時に園田先生の授業に出会いました。

気が付けば既に3年半以上お世話になっておりますが、いまでも毎回授業を楽しみにしております。園田先生がいつも明るく授業をしてくださっているお陰で、自然と会話力や理解力が付いてきたと思います。 分からない単語を聞いても、こういう意味かな?と考える力も徐々に養われてきたように思います。 自分の意見を言おうとする努力も垣間見えます。 親が知らないだろうと思っている単語や言い回しなどが娘から出てくることも多々あり、大変喜ばしいです。 

先生への信頼が大きいので、多感な年ごろの今でも素直に色々なことを先生にお伝え出来ていることに感謝の念が堪えません。 いつも全てにおいて前向きな対応で授業をして頂いているお陰で、ストレスを感じやすい年ごろなのに、楽しそうにしている姿を見るとホッとします。

補習校にいた時とは違い、確実に会話力が向上しているので、次に日本に帰国する時には祖父母がびっくりすると思います。孫と日本語で会話出来て喜ぶ顔が目に浮かびます。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

カリフォルニア州在住 Mさん

時間をかけて着実に基礎がついていると感じています。例えば、この言葉わかるかな?と聞くと、先生から習っているし、よく先生とお話をする際に繰り返し同じ言葉を聞くので耳で覚えている言葉が多々あるのだなと、感じました。

サウスカロライナ州在住 Bさん

本当にいつも日本語をわかりやすく教えていただき、子どもの発言に対しても暖かく柔軟に肯定的に対応していただいて感謝しています。授業が終わった後のレポートも詳細を教えてくださるので、授業の内容や取り上げた記事など後日子供と話し合うことができるのがとても良いです。園田先生の授業で子どもが具体的に変化したことをまとめました。

  • (日本語に触れることが難しい環境の中でも)日本語学習を継続していること
  • 日本の国や文化に対しての興味が増えました
  • 日本語や日本文化及び日本の人に対して否定的に捉えず肯定的に捉えることができていること
  • 親が話す日本語だとどうしても偏った言い方や語彙になるので、第三者として様々な語彙や話題を提供していただき、本人の日本語の引き出しが増えたこと
  • 日本語を話す自分をとても誇りに思っていること
  • 日本の祖父母や従兄弟とSNSのやりとりや日常会話がスムーズに行える
  • 日本の家族との距離が縮まった

園田先生に教わっていなかったら、日本語の授業はこんなに続かなかったと本気で思っています。都会ならまだしもアメリカの田舎で日本語を継続するのは大変なので、園田先生には申し訳ないのですが勝手に娘の日本語教育の同志だと思うほど私にとっても貴重で有難い存在です。これからもどうぞよろしくお願いします。

ニューヨーク州在住 Sさん

園田先生に娘がお世話になり、間もなく丸4年になります。海外での生活の中で、週1回の補修校ではキャッチアップしきれないのではと、個別指導で先生にお世話になることに。現在は、高校受験を見据えての作文指導等をお願いしています。学び方の変化、希望にも柔軟に対応いただけていたことも、長く続けてこれた理由の一つですが、何よりも先生にお願いしたい、継続してご指導いただきたいと思えたのは、使われている言葉のひとつひとつに優しさがあり、心がこもっていると感じたからです。先生には長期的にゆっくり、じっくり、時間をかけて、心のこもった美しい日本語を教えていただいていると感じます。ご指導いただく内容も、小学生の頃は、動物が大好きだった娘にたくさんの動物に関するニュースを話題にしてくださり、興味のドアを常にノックしてくださったと感じます。中学生の今では、環境問題などについて娘自身の考えを引き出してくださったりと、子供の成長によって、たくさんの引き出しを用意してくださっていると感じます。何より、娘が先生の授業を毎回楽しみにし、少しずつかもしれませんが、学びを積み重ねてゆけたことは、先生のお人柄やご指導内容があってからこそだと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ネバダ州在住 Rさん 

以前は日本語の学校に行ったり、宿題をするのをとてもイヤがっていましたが、園田先生と出会ってからは日本語のお勉強が楽しくなったようで宿題もするようになったし、自分から「もっと日本語を出来るようにならなきゃ」と意識して努力するようになりました。先生、本当にいつもありがとうございます。このまま先生のスタイルで生徒の興味のあることを一緒に話し考えて頂きながら日本語の授業を続けて頂きたいです。